消雪設備設計施工、井戸・ポンプ設備・土木・配管・電気工事、地下水調査
株式会社ナリキ トップページ株式会社ナリキ 社長挨拶株式会社ナリキ 会社概要株式会社ナリキ 業務案内株式会社ナリキ 実績紹介お問合せ
業務案内

井戸洗浄工事

井戸洗浄工事前調査
井戸洗浄には幾通りも方法や工種があります。井戸の状態に応じて様々な洗浄工事を行う為、あらかじめ下記の通りの情報及び能力調査が必要です。又、井戸新設時の”さく井地質柱状図”があればより早く現在の井戸の状態が分かります。できるだけ多くの情報をもとに最適なプログラムで井戸洗浄工事を行いたいと思います。

1.洗浄前揚水試験工(段階試験)

洗浄前揚水試験工(段階試験) 左写真のように井戸から既存ポンプにて揚水を行います。段階的に揚水量を増加させ、その時の井戸水位を測定します。 その際、水質等を確認し、異常が無いか検査します。急激に井戸水位が低下した場合や揚砂が著しい場合は試験を中止します。(井戸の限界値が分かるため)5段階以上の揚水量データを基に井戸の能力が把握できます。

工事時間(約3時間〜5時間)

2.既設ポンプ撤去後 深度検尺
既設ポンプ撤去後 深度検尺 既設ポンプを撤去した後、井戸の深さを測定します。新設時からどの程度埋まっているか判断します。軽度な埋まりの場合はエアリフト洗浄や超高圧洗浄埋砂浚渫工がお勧めです。
重度の埋まりの場合はさく井機械によるベーリング工法がお勧めです。

3.水中カメラ探査工
水中カメラ探査工 揚水試験の結果、水位低下が激しい場合や揚砂が著しい場合に井戸孔内の状況を目視する為水中カメラ探査を行います。井戸ストレーナーの状況がはっきりと分かるので揚水試験の結果悪い井戸でも井戸洗浄をして復活することができるかどうか判断できます。

工事時間(1日井戸を休めた後カメラ探査時間3、4時間)



井戸洗浄工事 工種
井戸調査は下記のどの洗浄工事を行えばよいかの判断材料になります。

1.エアーリフト工

エアーリフト工 コンプレッサー(エアー)の力により井戸内の洗浄を行う工事。井戸口径φ200mmまでの井戸再生工事に良く行われます。主に埋設物(砂)の除去に効果を発揮します。コストも安価なのですが水位が深い井戸では効果があまりありません。(埋設物が地上まで上がってこないため)

工事時間(約1日〜3日)

2. 超高圧洗浄工・埋砂浚渫工
超高圧洗浄工・埋砂浚渫工 最近(ここ 5 年程)県土木、役所関係でこの工法が多くなってきました。効果はさく井機械洗浄の次に良く、工期も短いため良く行われております。
唯一の問題だった洗浄後に井戸底部に埋設物が溜まることは、私どもの会社で開発した、ジェットサンドバスター工法(埋砂浚渫工)より取り除くことができます。

工事期間(約1日〜2日)
※洗浄工事後濁りが酷くなるため、きれいになるまで最低3日間揚水が必要です。

3. さく井機械洗浄(レッカー洗浄)
さく井機械洗浄(レッカー洗浄) 昔ながらの洗浄方法です。左写真のようにワイヤーブラシをつけて機械的に井戸の洗浄を行います(ブラッシング工)。又、孔内を真空引きし瞬時に揚水を行います(スワビング工)。効果は抜群ですが、コストが高く工期が長いため最近ではあまり行っておりません。埋設物浚渫工事のみ行うことが多くなりました。(レッカー車にベーラーをつけて行う方法)

工事時間(約1週間〜10日間)

このページのトップ
〒930-0916 富山市向新庄町1−15−54 株式会社ナリキ TEL:076-451-7868 FAX:076-451-7929
コピーライト